公演詳細‎ > ‎

曲目

  1. フォー・ フォー・タンゴ
    • アストル・ピアソラ作曲
  2. モランゴ
    • トーマス・オーボエ・リー作曲
  3. メトロ シャバカノ
    • ハヴィエル・アルヴァレ作曲
  4. エチュ
    • アレハンドロ・カルドナ作曲
  5. 「Beyond the "AO" ~青を超えて~」 for tapdance and percussion(京都公演のみ)
    • 加藤ユミコ作曲
  6. リベルタンゴ(京都公演のみ)
    • アストル・ピアソラ作曲
  7. サンセマヤ
    • シルヴェスタ・レヴェルタス作曲
    • 弦楽四重奏アレンジメント:西邑由紀子  
    • パーカッションアレンジメント:マルセル・アルサー

      ---休憩---
    • 沢井 忠夫作曲
  8. マンボ7/16
    • ロベルト・シエッラ作曲
  9. フォークダンス
    • リサ・ヴァリ作曲
  10. アルエット
    • タパージ振付
  11. ラ・ベヌス バ デ フエルガ
    • ホルヘ・トレス・サエンス作曲
  12. カルテットNo,2‘オルフィコ’
    • フェデリコ・イバラ作曲
  13. プレストNo,2
    • ミゲル・デル・アギラ作曲

 

Program

  1. Four for tango (1989)
    • Astor Piazzolla (1921-1992)
  2. Morango … almost a tango (1994)
    • Thomas Oboe Lee (b.1945)
  3. Metro Chabacano (1991)
    • Javier Álvarez (b. 1956)
  4. Echu
    • Alejandro Cardona (b. 1959)
  5. Beyond the "AO"(Only in Kyoto performance)
    • Yumiko Kato
  6. Libertango(Only in Kyoto performance)
    • Astro Piazzolla(1921-1992)
  7. Sensemayá (1938)
    • Silvestre Revueltas (1899-1940)
    • String quartet arrangement by Yukiko Nishimura
    • Percussion arrangement by Marcel Artzer
    • “…The serpent has eyes made of glass, the serpent hides in the grass walking without any legs Sensemayá, see the snake, with its tongue Sensemayá, Sensemayá do not move…”
      • (Excerpt from “Sensemayá, chant to kill a snake”, poem by Nicolas Guillen)

        ---INTERMISSION---
  8. Homura (1979)
    • Tadao Sawai (1937–1997)
    • Choreography inspired by an ancient Japanese legend in which the ghost of a woman travels with a snowstorm in search of human prey.
  9. Mambo 7/16 (1998)
    • Roberto Sierra (b. 1953)
  10. Folk dance (1995)
    • Reza Vali (b. 1952)
  11. Alouette
    • Tapage
  12. La Venus se va de juerga (1998)
    • Jorge Torres Saenz (b. 1968)
  13. Cuarteto no.2 ‘Órfico’ (1992)
    • Federico Ibarra (b. 1946)
  14. Presto no.2 (1996)
    • Miguel Del Águila (b. 1957)
Comments